Masaaki

記事一覧(9)

「瓜の涙」ものがたり

 青年謹三は、患っていた父を亡くし、東京の学校を中退し、郷里の金沢へ帰ってくる。ある麗らかな春の日、寺町をさまよっていた謹三は、なつかしい手まり歌に誘われて、奥深くまで踏み入ってしまう。唄っていたのは、十六、七の島田髷の美しい少女だった。 以来、少女を忘れられない謹三は、憑かれたように彼女を探し歩くが、ある夏の盛りに、不吉な心中唄にでてくる峠の茶屋で、そこの姐さんから、名物の瓜をふるまわれるままに、その心中事件の顛末を聞かされる。 実は、その心中未遂の片割れの男こそ、若き日の父親夏吉だった。飾り職人だった父の死んでしまった相方は、お寺の囲い者であったらしいおゆうという少女であったこともわった。「もしかしたら、その人は、自分の母親だったかもしれない」と謹三は思う。彼の母親は、もの心つく前に他界していたからである。 そんな謹三の目の前を、数人の女たちが女衒(ぜげん)に連れられて通りかかる。その中に、お寺で出逢った島田髷の少女を見つけると、彼は思わず話しかける。「この瓜、召し上がりませんか? 耳にあてると中から鈴の音が聞こえてくる珍しい瓜です。二つに割りましょう。半分ずつ」 この時謹三は、割った片割れずつに父とおゆうの姿がうつっているような不思議なめまいに捉われる。その刹那、けたたましく半鐘がひびき、「火事だ、火事だ!」の声に、見ると烈風が巻き起こって煙の柱が入道雲の頂きへと立ち上がっていく。 少女が謹三の袖に引き添ってきた時、彼はすでに父に変身してしまっているのを感じるのだ。 謹三は、おゆうをじっと引き寄せる。竜巻は天から鮒を降らせながら、二人を天上へと巻き上げていく。「おゆうさん。・・・もう決して手放すものか」 

地域の文化(町の中の演劇を)

 今回は、これまで数多く上演してきました中世説経節の物語群とは、いささか素材を異にするもう一つのユニークな系列に属する作品で、泉鏡花原作、寺山修司脚色による『瓜の涙─ある地霊の物語』が登場します。 父親と心中したはずの美少女が、年を経ない以前のままで少年の前に現れた時、少年は心惹かれるままに自己のアイデンティティを失います。そして悪夢の中の出来事のように父親に変身して、その不可能だった恋を、時間の迷宮のなかで成就させるという、幻想的で壮大な愛のロマンが紡がれています。 この鏡花、寺山の豪華な組み合わせは、演劇はもとより、文学、映画ファンにとっても、まさに垂涎のセッション、夢の作品といえるものであります。 しかも、この作品の演劇化を、わが国で初めて実現したのは、遊行かぶきの前身でもあった藤沢演劇クラブであり、所も藤沢の天文館という小ホールでの1993年の公演でした。 当時の劇評では、「寺山修司没後十年の記念公演の中では、群を抜く収穫」「第一等の出来栄え」などと激賞され(「ユリイカ」)、以来、何度かの東京公演を重ねた、いわば遊行かぶきの演劇的原点といっても過言ではない貴重な作品でもあります。 実に二十四年ぶりとなる今回の藤沢での公演は、遊行かぶき二十年をまたいでの節目を飾るにふさわしい記念碑的公演でもあります。 何といっても、地域の、土地に根ざした芸能というものは、直接につくり出す役者やスタッフたちだけではなく、熱い心でそれを楽しんでくださる観客の皆さまの参加を俟って、はじめて街の文化として成長していくものであります。まさに、遊行かぶきを〈街の中の演劇〉と呼ぶ由縁です。何卒、今後ともより一層のご理解を賜りますよう心よりお願い申し上げます。                                                                                         遊行舎・遊行かぶき実行委員会

公開演劇ワークショップ「遊行かぶきとは何か?」

  おかげさまで藤沢発の演劇を旗印に走ってきた遊行かぶきも、本年で創立20周年の節目を迎えることができました。この記念すべき年にあたり、公演に、記念行事に、全力を注いでいきたいと関係者一同張り切っております。 その第一弾として、遊行かぶきの公開ワークショップを下記のとおり開催いたします。新しい藤沢の名所の見学方々、ぜひ、足をお運びください。1. ふじさわ宿交流館落成記念・公開演劇ワークショップ「遊行かぶきとは何か」日時:5月3日(火) 午後1時30分~4時会場:ふじさわ宿交流館 藤沢市西富一丁目3番3号 ℡ 0466-55-2255             ※藤沢駅北口徒歩15分、時宗総本山遊行寺黒門前入場:無料第一部 映像とお話でつづる遊行かぶき・講演「まつりの演劇と藤沢文化の地層─遊行かぶき二十年を振り返って」                     白石 征(演出家・遊行舎主宰)・「映像で観る遊行かぶき─遊行かぶきの様式と主題」 遊行かぶき名作DVD上映第二部 遊行かぶき実践編・「一日演劇体験─遊行かぶきワークショップ」           遊行舎 本読み(セリフ稽古)、立ち稽古(パフォーマンス)ほか ※一般参加者歓迎